第一印象で好印象を与えること

相手に好印象を与えるということは様々な場面で大切になります。

好印象を与えるためにどんなことが大切でしょう。

?aisatu

コミ二ケーションのテクニックには様々なことがありますが、
まずは、第一印象を大切にすることが最も大切です。

 

人間は、第一印象でほとんどのことを印象づけてしまうと言われています。

 

このことを大切にして、さまざまなシーンで工夫をしましょう。転職では、
面接官への第一印象です。就職・転職したばかりなら、好印象を与えることが大切です。

 

初めてお会いする人がいる場合も同様です。

 

第一印象の工夫

好感の持てる第一印象は、髪型、服装、礼儀です。

 

特に、挨拶は、明るくはきはきと少し大きめの声で挨拶することです。

 

もしお会いする人の服装の好みなどがわかっていれば、
その人に好感の持たれる服装にすることもいいですね。

 

その人に好印象を与えられるように工夫しましょう。

yakusok

好印象となれば、その後のコミ二ケーションが違ってきます。
反対に、ここでしくじると不利益になります。

 

簡単なことだから意識する

 

簡単なことですが、日々心がけることです。
どんな場所でどんな人との出会いがあるかわかりません。

 

こいう工夫が転職での面接時に、生かされると思います。
就職・転職間際の場合の人間関係も違ってきます。初めてお会いする人場合も同様です。

 

好印象が持たれるか持たれないかによって、話ができるか、できないかとなるわけです。
 良い人間関係を気づくには、最初の好印象に気を使いましょう。

 

最低限おこないたことまとめ

icon-check-square髪型、 服装、礼儀、明るい声

icon-check-square愛想よく振る舞うこと

icon-check-square自分から積極的に話しかけること

 

最低限、きっちとした身だしなみを心がけ、上手に話せなくとも愛想よく振る舞うことで相手に良い印象を与えることができます。さらに自らが積極的に話しかけると効果的です。

もし上手に話ができないなら、とにかく愛想よく振る舞うことです。

 

コメントを残す

このページの先頭へ