モチベーションをアップさせ仕事で活躍しよう

仕事で活躍するためのにモチベーションをアップさせることが不可欠です。モチベーションをアップさせる方法を紹介しています。

仕事で活躍するためのにモチベーションをアップさせることが不可欠です。

モチベーションをアップさせようと思ったとしても、なかなか難しいことも確かです。

 

ほとんどの人が人から言われたり、叱られたり、褒められたりすることで、行動を行なうようになったり、頑張るようになったりします。

unn

最近では、コーチングを受けて、モチベーションをアップさせるという人もいるようです。つまり、他人から影響を受けることで、高いモチベーションを持続させると考える人が多いのです。

 

しかし、一番強くモチベーションをアップさせるには、潜在意識の力を使えるかどうかが大切になります。

 

他人から言われて、頑張るように行動するようになることができるわけですから、他人から言われなくても、潜在意識がその気になっていれば、それが一番強烈なモチベーションになるわけです。

up

 

 

モチベーションをアップさせるレベルを知る

 

モチベーションをアップさせるためには潜在意識の五段階のレベルがある考えて、それぞれの段階で工夫をすべきです。

 

レベル1 「〇〇できない」と自分を否定的にとらえている状態

否定的なことを受け入れやす状態のため、最もモチベーションをアップさせることは難しいレベルです。

 

まずは、この状態から抜け出すために、自分の考え方のパターンを知り、自己啓発などに励み、前向きに考えるように、努力していきます。

hitei

レベル2「~しなければ」「~すべきだ」変化の必要を認める状態

「~しなければ」「~すべきだ」と口に出しているうちは、高いモチベーションを持つことはできません。

 

どちらかと言えば、失敗することが前提の言葉を使っている状態です。成功する前提の言葉を使えるよう努力をすべきです。

zentegoo

 

レベル3「もう二度と~しないぞ」変化を決意できる状態

変化する状態を認識し、変化させる決意ができ行動が伴ってくる状態です。

 

 

レベル4「私は~だ」イメージを色づけることができる状態

 

 

このレベルにある人は、アファーメーションなどのテクニックを使うことで、自分自身でモチベーションをアップさせることができます。

さらに、自分自身で、自己説得を行なうことで、自分に対して新たなイメージを持つことができる状態です。

 

レベル5「それは~だ」すべてを肯定的に捉える状態

特に、工夫や努力をしなくとも自分自身をコントロールできる状態です。

 

 

レベル1とレベル2の状態にある方は、潜在意識にマイナスのイメージが定着しているためマイナスの思考パターンとなっている状態です。

yama

そのため、モチベーションをアップさせようとすると反発心理が働き逆効果になります。自分のレベルを認識して、モチベーションをアップさせるようにすべきです。

 

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ