潜在意識と成功

潜在意識へ常に良い影響を与えるように工夫をすることが大切です。

 

アンドリューカーネギーの成功から学ぶ

 

アンドリューカーネギーといえば、

音楽の殿堂「カーネギーホール」を建てた人物として有名です。

 

日雇い労働者から身をお越し、全米一の鉄鋼王にのしあがったカーネギーは、

従業員の昇進テストを行うときに一つの基準を設けていました。

 

 

icon-check-square-o そてはその人物が、報酬以上の奉仕をしたかどうかということです。

 

 

カーネギーは、こう説明をしています。

 

「給与は彼が実際にした仕事に対して支払うものだ。
そしてボーナースはプラスアルファの積極性に対して支払うものだ。
プラスアルファは同僚に対して素晴らしいお手本になるものだ」

 

この審査をクリアし、日雇い労働者からユナイテッド・スチール社の

社長に任命されたのがチャールズ・M・シュワップでした。

 

 

サービスすることの大切さ

サービスをし過ぎて失うことはありません。

このようなサービスは心地がいいと思います。

潜在意識への良い影響を与えることにもなります。

 

 

奉仕した相手から代償を受け取ることができないこともあるでしょう。

そんな場合には、天に貸しをつくったぐらいに考えるべきです。

 

 

代償の法則

その代償は、きっと福利でふくれ上がって返ってくるでしょう。

 

 

潜在意識へどんな感情を伝えるかで、成功できるかどうかが決まってくるといっても過言でないのです。

 

 

見返りを求める心があると、その感情が潜在意識へ伝わることとなり、

運がやってこなくなることでしょう。

 

潜在意識へ良い影響を与えること心がける

日々の仕事や生活の中で、多くの情報を耳にします。

良い情報もあれば、悪い情報もあります。潜在意識に悪い影響を与える情報は避けるべきです。

 

特に、周囲の人からの影響は、大きいものです。

そこでつき合う人を考えてみることも大切です。

 

なるべく、自分よりもレベルが高い人たちと付き合うことがベストです。

 

やる気のない人たち、楽して手を抜くようなことを考えている人たちとは

なるべくつき合わないことが潜在意識にも良いのです。

 

つき合う人を変えるだけでも、潜在意識に与える影響は違ってくるものです。

 

 

まとめ

潜在意識に良い影響を与えることが大切。
  • 良い影響を与えることに、報酬以上のサービス、代償を支払うことを惜しまないこと。
  • 見返りに執着しないこと。
  • レベルの高い人と付き合うこと。
サブコンテンツ

セルフイメージを高めるには

セルフイメージとは、自分をどのうように評価をしているかということです。


私たちの考え方・行動パターンなどはセルフイメージに大きく影響されているのです。セルフイメージとは、自分をどのうように評価をしているかということです。私たちの考え方・行動パターンなどはセルフイメージに大きく影響されているのです。


このセルフイメージは、今まで育ってきた環境や周囲の人の言葉、一時的な勝ち負けなどから自分を評価することで出来上がってきます。多くの場合に、本来のあるべき姿とは違っていることもあるのです。


このセルフイメージから本当の自分の能力の発揮や実力の発揮ができないというケースも少なくないのです。


例えば、親から、「お前は能力がないんだから人一倍勉強しないとダメだよ」と言われている子供は、学校の成績は上がらないものです。なぜなら頭が悪いというセルフイメージがあり、勉強をやっても無駄と考え、やる気も上がらないものです。


しかし、好きなスポーツのことだったら、選手のことについて、詳しく詳細まで記憶をしていたりします。さらに、そのスポーツに関することならさまざまなことを詳細に覚えていたりします。


普通の人なら覚えられないほどの膨大な情報を記憶したりしています。つまり、本来の能力は、優れているわけですが、勉強に対しては能力がないというセルフイメージが問題なのです。


セルフイメージが良いイメージを持つことができると、物事に対して期待感を持ちます。この期待感がやる気を持たせ、能力に現れ、行動に現れることになるのです。


しかし、悪いセルフイメージを持っていると、無気力、無感動、能力を使えないことになるものなのです。セルフイメージを変えるということはそんなに簡単ではないことは確かです。


このセルフイメージは、今まで育ってきた環境や周囲の人の言葉、一時的な勝ち負けなどから自分を評価することで出来上がってきます。多くの場合に、本来のあるべき姿とは違っていることもあるのです。


このセルフイメージから本当の自分の能力の発揮や実力の発揮ができないというケースも少なくないのです。


セルフイメージを変えようとして簡単に変えることはできないことも確かなのです。



潜在意識レベルから高めるプログラムトレーニング

オーストラリアの精神科医学者のフロイトは、人間の内面は、理性で解決できるものではないと指摘しています。実は、人間は80%が潜在意識で構成されています。この潜在意識の力は、想像以上に強いものであり、自分を高める、セルフイメージを高めるには重要なポイントになるのです。





この潜在意識レベルから高め高めるのがプログラムトレーニングの役割になります。通常にメンタルブロックという心の壁の存在です。



なかなか自分を変えられない、高められないとお感じの方のためのトレーニングプログラムになっています。潜在意識へ新たなイメージをインプットをすることが目的としたトレーニングです。







潜在意識へインプットする方法として方法としては、このメンタルブロックの打破するために脳力開発タブレット+世界最高峰のプログラムに組合せによって潜在意識へインプットをすることを可能にしています。



もちろん、その人のレベル、あるべき姿、目標の大小、ストレスやメンタル的な強弱によってもコースが異なります。興味がある方は電話無料カウンセリングの実施をしています。


プログラムトレーニング紹介

脳力開発プログラムトレーニング

  • 脳力開発タブレット










基本プログラム紹介

  1. ジョセフ・マーフィープログラム

    潜在意識を呼び覚まし、豊かな人生を切り拓くためのプログラム心の奥底に秘められた潜在意識の力で思い描いた生き方を実現する。
    人間の潜在意識の力を研究し、より良い人生を送れるかどうかは、決して運や偶然によるものではなく、潜在意識にあることを明らかにしたジョセフ・マーフィー博士のプログラム

  2. ナポレオン・ヒルプログラム

    国を超え、時代を超えて支持される成功プログラム。一代で巨額の資産を築いた鉄鋼王アンドリュー・カーネギーの志を継いだナポレオン・ヒル博士が、20年の歳月をかけて500余名の成功者を取材・調査して発見した"成功するためのルール"

  3. マクスウェル・マルツ・プログラム

    『マクスウェル・マルツ・プログラム』は、この「サイコ-サイバネティクス理論」を応用して考案された、米国サイコ-サイバネティクス財団公認の潜在脳力開発プログラムです。

  4. デール・カーネギーズ・
    ヒューマンプログラム

    人生をより豊かにする説得・交渉のノウハウ
    人は誰でも他人との関わりがなければ、生きていくことはできません。だからこそ、誰もが会話を中心としたコミュニケーションを通じて意思の疎通を図り、関係を築いていくことが必要になるのです。

  5. ミッシング・シークレット・プログラム

    ジョー・ヴィターレ博士による
    「究極の引き寄せの法則」
    世界中で大ブームを巻き起こした書籍・映画『ザ・シークレット』に登場する賢人、ジョー・ヴィターレ博士によるこのプログラム

プログラムに興味がある方、今のままで終わりたくないという方は、まずは電話無料カウンセリングを受けてみてください。担当者が適正や求めいることなどにより、あなたに適性に合うコースを提案をします。


button_001



担当者からお電話を致します。
*場合によってはお役に立てない方もおりますので予めご了承ください。


このページの先頭へ