積極思考だけでは無理がある?

仕事の成果を上げるには、積極思考がいいと聞きますが、

実際にためしても、そう上手くいかないという人も少なくないようです。

 

自己啓発本などを読み、

積極的な行動をしても、一時的だったります。

 

そのうち、あきらめや自分にはこの仕事が適していないように思い、
辞めて転職でもと考えてしまう人もいることでしょう。

 

しかし、多くの人が積極思考を信じているように思います。

seikou

一般的に積極思考とは、今までの思考パターンを改善し、良い成果や結果を上がられると考えていると思います。もちろん積極的思考になれれば状況は打開できるかもしれません。

 

 

残念ながら二度と消極的思考をしないと決めたとしても、長続きしないのが現実でしょう。

 

その原因は、セルフイメージがあります。

 

セルフイメージが問題

 

いままでの体験や経験から自分自身に作り上げられたイメージ(自己像)の問題です。

 

今日から消極的思考をしないことを決めたとしてもすぐに今までのセルフイメージが元に戻そうとしてしまいます。つまり、失敗しないぞと考えれば、考えるほど失敗するという現象があります。

self

例えば、緊張する場面で、緊張しないと決めたとしても、緊張してしまうことがあります。これは緊張するイメージが潜在意識にインプットされており、表面的に、緊張しないとしても、意味がないのです。

 

これと同様に、積極思考になるぞと決めても、根本的なセルフイメージがある限り、セルフイメージ通りに、働いてしまうわけです。

 

 

 

セルフイメージを高めるテクニック1

 

セルフイメージを高めるテクニックの一つに、アファーメーションというのがあります。アファーメーションとは、簡単な言葉を自分自信に言い聞かせるというテクニックです。

 

具体的には、「自分はできる」という言葉を繰り返し唱えて、自分に言い聞かせるテクニックです。効果的に行うには、マイナスイメージの根本的なものを理解し、そのマイナスイメージを変えるようにするという点です。

 

例えば、緊張してしまう人であれば、緊張して失敗するとイメージされていますので、人前で話すと上手くいく。などと言い聞かせイメージが変わるようにします。

 

当然のことですが、個人差がありますのでこいう言い方がピントくる人もいれば、そうでない人もいます。また、相当な回数を繰り返す必要になります。イメージができるまで繰り返し繰り返し自分に言い聞かせることです。

dekiru

 

アファーメーションの効果を実感する

 

icon-check-square-oポイント1

アファーメーションで、「自分は目標が達成できる」と言い聞かせた時に、心の奥底で、心理的な拒否感があることがあります。

 

つまり、潜在意識が拒否をしているのです。そいう場合には、「〇〇しつつある」と断定的なことをやわらげるようにすると受けいるようになります。

 

icon-check-square-oポイント2

管理人の意見としては、感情をともなうといいように思います。嬉しい、最高、ワクワク、ドキドキなどを加えてみるといいように感じています。

 

例えば、「人前で話して上手くいく」という言い聞かせの言葉を

「人前で話て、上手くいって、最高」とか、

「目標が達成でる」という言い聞かせの言葉を

「目標が達成できて、最高」とか

「目標が達成できて、嬉しい」という感じにします。

 

 

icon-check-square-oポイント3

言葉を作る時には、簡単でなるべく短く、
いつでもどこでも自分に言い聞かせるようにすると効果的かと思います。

 

そして具体的なシーンで成功をしているイメージをすることです。

image

コメントを残す

このページの先頭へ