自分を信じる

成功する人というのは「絶対にうまくいく」と、どこまでも強い信念をもって行動します。

 

失敗する人は「無理だ」「ダメかもしれない」と、自分を信じ切ることができません。ここが凡人と成功者の大きな違いなのです。

 

仕事でも人間関係でも、成功しているイメージを繰り返し思い描いていると、成功への信念が強まって、自分への疑いは消えていきます。

 

一切の不安や疑いがなくなると

すると潜在意識の中の全能の力が働きだし、身の回りにラッキーな出会いやできごとが増えてきます。そして本当の成功にたどり着けるのです。

 

 

疑い不安をなくすよう努力する

反対に、いつも自分自身に疑いを抱いて不安を口にしていると、潜在意識はそれを素直に聞き届け実行しています。ツキにも見放されてしまうでしょう。

 

 

役に立たない言葉は捨て去り、よい考えを選んで口に出すことです。「自分自身の潜在意識の力によって、私は何でもできる」と言うのです。正しい心の持ち方をすれば、願望実現に必要なものは手にすることになります。

 

 

困難に立ち向かう

生まれて間もなく、三重苦にくるしまなければならなかったヘレン・ケラー女史。そして、五体満足の運命を背負った乙武さん。

 

この二人はその運命をものともせず、みごと自己実現をしています。このことは、私たちに何を語っているでしょう。

 

明確な目標と高められた信念が

それは、明確な目標をもち、自己実現するための積極的心構えのある人には、障害はすべてなくなってしまうということです。

 

努力する喜びがその人を鼓舞するため、狭い料簡なんかで自分をおとしめている余裕などありません。

 

困難を愛することができ、それを信念にまで高めることができているからだと思います。こうした信念の人にとって、成功を妨害するものなど何もありません。

 

信念にまで高められた心構えは、科学的分析の次元を超えた崇高な力となり、運命の扉を開くことができたのだと思います。

 

 

水の一滴が岩をもうがつように、どんな困難をも克服し、思いどおりの自己実現を可能にすることがと思います。

コメントを残す

このページの先頭へ