セルフイメージとは?

自分を変えたい、高めたいと考えて努力してもなかなか変わらない?

と感じたことはないでしょうか。

 

基本的な人格を変えることは無理がありますが

セルフイメージ(自己評価)を変えることは可能なことなのです。

 

自分の考え方を変える?

 

考え方を変えるということも無理があります。

このような努力をしてストレスになると思います。

 

 

しかし、思うように人生を楽しみたい、仕事で活躍をして収入を得たい、人との関係も上手にこなしたい、メンタルを強くして、ストレスに強くなりたい、なりたい自分への憧れが、自分を変えるという努力へさせていると思います。

 

 

自分が変われば、周りも変わると言われていますが、自分を変えることには無理があるのです。

 

 

icon-check もし自分を変えたいとお感じであれば、自分自身の自己評価を変えることが秘訣なのです。自己評価とは、自分への評価のことです。セルフイメージとも言います。

 

 

セルフイメージが変わった学生

例えば、ある学生の事例で、数学が苦手で、一生懸命に勉強しても、一向に成績があがない学生がいました。勉強させるのではなく、「数学はできない」というセルフイメージ(自己評価)を「数学は得意」というセルフイメージ(自己評価)にさせる訓練をしました。

 

その後、彼は、優秀な成績を収めたわけですが数学では、最も称賛される成績を収めることとなったのです。

 

 

セルフイメージが変わった女性

ある女性は、マイナス思考で、そんな自分を変えたい。という女性でした。彼女は、人と話すことが苦手で、人前でも緊張してしまい、今の仕事は接客が中心の仕事で、辞めたいとも言っていました。

 

icon-chevron-right 彼女のセルフイメージ(自己評価)を

icon-check人前が苦手を ⇒ 人前が得意

icon-check人と話すこと苦手 ⇒ 人と話すことが得意

 

というセルフイメージ(自己評価)へ変えるように訓練していきました。

 

今では、毎日が楽しく働いています。彼女いわく「以外に人と接することが楽しいですね。」「私は人前が得意かもしれない。」と言っています。つまり思い込み(潜在意識に原因)だったのです。

 

自分のセルフイメージ(自己評価)が低いと、どうしても悲観的になりやすいのです。しかし、自己評価を高めることができれば、あなたの本領を発揮できるようになるのです。

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ